看護師 転職サイト 選び方

ラク!カンゴ

新人看護師は経験を積むことができる病院を選ぶこと


新人看護師は経験を積むことができる病院を選ぶこと

 

新人看護師におすすめな勤務条件のポイントは?

新人看護師の状態で転職しなければならなくなった場合は、経験が積めない職場で働くと、後々他の職場に移る時に問題になることがあります。

 

それを避けるために、いろいろな看護師の経験を積むことができる職場を選ぶことが重要なポイントです。

 

アナタは、一人前の看護師としての経験が積めない勤務先で働くことが、どれだけ重要かわかりますか?

 

例えば、慢性期の看護だけを行っているような介護老人ホームで働くとしましょう。

 

そうすると、慢性期の高齢者の看護についての経験は一応積むことができますが、はたして急変には対応できるでしょうか?

 

急変に対応できるのが当たり前で、ようやく一人前の看護師として認められる世界ですから、限られた、しかもそれほど職場から求められるスキルではない経験を積むことは、今後、本格的な病院で仕事をしていくときに困ってしまいます。

 

だから一つの職場で、急性期、回復期、慢性期、終末期の看護が経験できる病院を選ぶことがとても重要になります。

 

経験を積むことを優先すると限られてくる転職先や条件

看護師として、全てのことを経験できる転職先を選ぶとなると、新人看護師に対して仕事を教えてもらえる職場環境が整っている病院かどうか、見極めなければいけません。

 

でも、この仕事を教えてもらえる職場というのは、そのほとんどが看護師の人数が多い大規模の病院なのが現状です。

 

具体的には

 

  • 総合病院
  • 公立病院
  • 大学病院
  • 個人病院で看護師が多いところ

 

しかもこれらの病院は、仕事を教えてもらえることを前提に働こうと思うと、常勤でかつ夜勤もこなさないといけませんし、当然残業もあったりと、時間の制約も多くなります。

 

そのため、体力的にもある程度忙しくて疲れることを覚悟しなければいけません。

 

 

だから、なおさら前職場を体調を崩して辞めてしまった方の場合、このハードルをどのように乗り越えていくかが、とても重要になってきます。

 

 

そして新人時代を乗り越えることができれば、次はスキルアップのための勉強が始まります。

 

先ほど紹介した看護師の数が多い大規模病院は、新人教育があってかつ、スキルアップのための勉強も継続して行える職場が多い、という特徴がありますので、看護師として専門的に勉強していくことが可能です。

 

条件別のおすすめ就職先

この記事に関連する記事一覧