看護師 転職サイト 騙された

ラク!カンゴ

看護師が転職を成功させるために必要な心構えと対策


看護師が転職を成功させるために必要な心構えと対策

 

①新人看護師の場合

新人看護師の転職は慎重に選ぶ

新人看護師でもやむを得ず、何らかの事情で転職してしまうことがあるかもしれません。

 

普通に転職する一般的な看護師と比べると、新人看護師の場合、働いてた期間が短いという不利な点が挙げられます。

 

そのため、転職先の面接で短期間しか勤められなかった原因について、転職先から疑いを持たれる可能性があります。

 

また慎重になって就職先を決めないと、新人の看護師さんの場合スキルがまだそれほど備わっておらず、転職後に仕事についていけない・・などの理由で、短期間で辞めてしまった・・というケースもよく見られます。

 

そうなると、せっかく希望した病院等が見つかっても転職先に迷惑かけてしまいます。

 

そして新人看護師での転職歴が多くなり、今後転職する際にも当然、影響が出てきて、せっかく転職したメリットが全くなくなってしまうという笑うに笑えない状況にもなりかねません。

 

ですので、できるだけ転職先は慎重に選びたいものです。
特に新人の看護師さんの場合は。

 

新人看護師が転職するために最低限、気をつけておきたいこと

新人の看護師さんの場合、看護師として仕事が一人立ちできるようになるまでは、ベテランの看護師さんの指導を受けながら学んで経験を積むことがとても大切になります。

 

そのため、できる限り新人教育や研修を受けることができる病院や、プリセプター制で指導してもらえるところを選ぶということも、転職先を決めるうえでのポイントになるのではないかと思います。

 

このように教育体制が整っている病院となると、常勤でかつ業務も多忙、残業もある程度覚悟しておくことは、働く前に自覚しておくことが大切。

 

どうしても常勤ができないなどの特別な理由があれば、診療所などの勤務でパートをこなすことも可能ですが、先々困ることが出てくる可能性もあります。

 

看護師という職業を選んだ以上、このような激務をこなさなければいけないということは「どうしても避けられない宿命」かもしれません。

 

特に新人看護師で、勤務先を退職したい理由が

 

  1. 多忙だった
  2. 仕事が忙しく体調を崩してしまった

などの場合は、本当にやっていけるかどうかを考えて次の就職先を選ぶといいでしょう。

 

また転職先の求人を決めたら

 

  • 求人先を選んだ理由
  • これから頑張りたいこと
  • 今後やってみたいこと

などを明確にし、希望する勤務先にアピールすることも大切ですよ(^^

 

そして転職先の面接では、退職理由も真剣に答えて、やる気があることを積極的にアピールしましょう!

 

②子育てをしている看護師の場合

看護師が転職を成功させるために必要な心構えと対策 その2

 

子育てと看護師の仕事の両立が課題です

子育てをしながら看護師として復帰するためには、家族の理解が必要になるのは言うまでもありません。

 

特に常勤で勤めたいと思っている人は、夜勤もしなければならないことがあり、その間の子どもの世話を家族で分担しなければなりません。

 

そうなると、例えば同居する家族も忙しい仕事をしていて、夜の帰りが遅いようであれば、自分が夜勤をして働くというのは難しくなります。

 

ただ最近はそのような場合でも、病院に隣接した24時間体制の託児所を設置しているところもあり、それを利用することができれば、ひょっとしたら常勤も可能かもしれません。

 

子育てをしながら看護師として働くには、現実的に子どもの預け先や子どもの世話をしてくれる人を確保することが重要なポイントになってきます。

 

その条件をクリアできなければ仕事もおろそかになり、急に休まないといけなくなるなど、職場に迷惑をかけることになり、せっかく転職したのに、また次の職場を探す羽目になってしまう可能性も出てきます。

 

子育てをしながら看護師として転職するために最低限、気をつけておきたいこと

子どもというのは、いつ急な病気をするかわかりません。そのため、やむを得ず職場を休まなければならないことも多くなります。

 

また看護師の仕事をしながら子育てするということは、気持ちや時間の余裕を持つことも大切ですので、ある程度勤務条件を絞って、自分が納得できる働き方が実現できる就職先を選びましょう。

 

ただ、多くのママさん看護師が希望する託児所のある就職先は、地域によって少ないところもあり、対応ができないこともあるかもしれません。

 

そのような場合は、やはり家族などに協力してもらって働く必要がありますので、看護師に復職すると決めたら、ある程度「覚悟」を決めないと、周りにも迷惑がかかってしまいます。

 

それから残業が多いところ、休日を取りにくく看護師の人数が少ない職場だと、急に帰らないといけなくなるときや休むことで職場に迷惑をかけてしまうことも大いに考えられます。

 

しかも、その後も肩身の狭い思いで勤務しなければならず、周りに気を遣ったりして、今度は自分がストレスを抱えてしまうことも・・・。

 

このような事態を避けるためには、ママさん看護師に理解している勤務先、例えば残業が少なく融通がきくようなところを選ぶ必要があります。

 

基本的に子供がいる看護師さんの場合、希望する転職先の面接では子どもについて聞かれることがあり、仕事に支障がでないか確認されることがあります。

 

逆にこちらとしては、子どもへの配慮をしてくれる職場かどうかを確認することがとても大切になってきます。

 

③ブランクのある看護師の場合

看護師が転職を成功させるために必要な心構えと対策  その3

 

看護師の仕事でブランクがあっても心配することはない!

結婚後、子育てを理由に看護師を退職後、仕事をしておらず、子育てが一段落したことで仕事を始めたいと思っている方も多いと思います。

 

けれども実際は、なかなか簡単に仕事復帰できない方も多いのではないでしょうか。

 

看護師として仕事復帰をためらう理由に、いざ復帰しても看護師の仕事についていけなくなるのではないかという不安が挙げられます。

 

実際、医療は日々進化しており、看護師のケアもその変化に伴って変わっていくのは当然です。
それで「ついていけないのでは・・・」と考えてしまうわけです。

 

しかし昨今、看護師不足が深刻で、看護師を大事にしたいと考える病院が増えています。

 

このようなブランクがある人でも、かつては看護師として仕事をしていたということで、サポートしてもらえる病院なども最近は結構あるので、探せばちゃんと見つかります!

 

だからブランクがあっても心配することは何もありませんよ(^^

 

ブランクのある看護師が最低限、就職先を選ぶときに気をつけておきたいこと

ブランクがあると、いきなり忙しい職場や看護師の配置人数に余裕がない職場では、なかなかサポートをしてもらうことが難しくなります。

 

それが原因で転職したのに、結局また退職をすることになるかもしれません。

 

最近の看護師転職サイトでは、勤務条件のこだわり検索で「ブランクあり」の項目が設けられていることが一般的になっています。

 

これは求人をしている病院側もブランクがあっても大丈夫ですよと記載しているよなものなので、安心して新しい職場を探すことができますよね!

 

でもブランクがある分、仕事をしながら不足している知識や技術について勉強を日々することも忘れてはいけません。できるだけ早くサポートを受けなくてもテキパキと動けるように、自分から心がけていくことが大切です。

 

やはりブランクが長ければ長いほど、仕事を思い出すのに時間がかかってしまうのは、ある意味仕方のないことです。

 

周りの看護師から教えてもらうときに、自分から積極的に学ぶ姿勢を見せて、人一倍努力することも必要ですよね。

 

ただ就職できてよかった!と、それだけで済ませることがないようにしましょう。

 

 

転職サイトで成功するポイント

この記事に関連する記事一覧