看護師 転職サイト 選び方

ラク!カンゴ

ママさん看護師の職場選びはつらいよ


ママさん看護師の職場選びはつらいよ

 

子育てをしている看護師の勤務条件のポイントは?

看護師に限らずどんな仕事でも、子育てをしながら仕事をしていると、子供の送迎などがあり、普通の人よりも早く帰らなければならない場合もあります。

 

そのため、子供のことも考えた上での職場選びが何よりも重要になります。

 

勤務時間を普通の人よりも短くしてもらえるところや、万が一の子供の急病の際には、帰宅や仕事を休むことができるところでなければなりません。

 

しかし、交代がきかないような看護師の人数が少ない職場では、残念ながらそのような都合がきかないことが多いのが現実です。

 

また、実際に仕事を休めたとしても、同僚の看護師に迷惑をかけてしまい、翌日以降の勤務時に気を遣うことになりかねません。。

 

子育て中の看護師に理解がない職場では、それが原因で同僚の看護師から不満が出ることも(汗)

 

不満が出ると人間関係の悪化で職場にいられなくなる可能性も出てきますので、職場選びは本当に慎重に決めたいところです。

 

限られる条件が多くても、なんとか転職先と面接時に相談すること

ママさん看護師にとっての代表的な希望条件としては

 

  • 勤務時間の短縮(融通できるシフト)
  • 子供の急病などでの仕事の休暇願い
  • まだ子供が小さい場合、夜勤回数の考慮

などが挙げられます。

 

条件が多くなっても転職時に面接で交渉して、少しでも自分が働きやすいようにしておくことが重要です。

 

特に常勤で働くときは、家族の理解がかなり重要になります。

 

ハッキリいって、自分以外の家族で子供の面倒を見れる人が確保できないなら、非常勤やパートで働くことを考えるしかないと思います。

 

さらに、非常勤やパートであっても休みが取りやすい職場でなければ、続けることすら難しくなりますので。。

 

それだけ子育て中の看護師にとって常勤で働くということは覚悟がいることですし、非常勤やパートでも職場環境はすごく重要だということです。

 

そのため、診療所や美容クリニックなどの求人は、一般的に看護師の配置人数が10人前後の職場が多いので、働く対象から除外し、病院や施設の看護師求人を探すほうがいいかもしれません。

 

そのほうがまだ看護師の人数に余裕があったり、子育て中の看護師に理解がある職場であることが多いからです。

 

診療所や美容クリニック等の看護師求人に応募したい方はそれでもいいと思いますが、求人を探す際には、看護師の配置人数や勤務条件にも注目して探すといいと思います。

 

条件別のおすすめ就職先

この記事に関連する記事一覧