看護師 転職サイト 選び方

ラク!カンゴ

転職回数が多い看護師さんの為の面接対策を考える


転職回数が多い看護師さんの為の面接対策を考える

 

転職回数が多い看護師ほど転職で不利になることはあるの?

転職回数が多すぎる看護師さんよりも、少ない看護師さんの方が当然、印象としてはいいと思います。

 

でも一番よくないのは、転職回数が多いことに加え、勤務している期間がとても短いことです。

 

具体的には転職後、一年未満の勤務期間が殆どで、回数だけが多い看護師さんとなると、転職時にそもそも社会人として信用できるのか疑われることもあります。

 

看護の世界は地域が狭い範囲で転職していると前職場の知り合いもいて、同僚からも不信に思われることも。。。

 

やはり転職した理由がどうであれ、回数は少ないほうがいいでしょうね。

 

転職回数が多い人が面接で退職理由を聞かれた時の答え方

看護師に限らず、一般職でも退職理由は面接で必ず聞かれます。

 

その職場でどんな仕事をやっていたのかを知るときに同時に聞かれることが多いです。

 

そんなときアナタは退職理由はきちんと答えることができますか?

 

やむをえない事情と判断されるような退職理由や新しいことに挑戦してスキルアップを図るための退職理由であれば、そこまで問題になることはありません。

 

問題になる退職理由は

 

  • 人間関係が悪化してどうしても環境を変えたかった
  • 仕事が忙しくて残業も多く不満があった
  • 体調が悪くなった

などが挙げられます。

 

看護師の仕事をしていくうえで、我慢しなければならない部分が出てくるのは仕方がないことです。

 

ただそれだけの理由だと、就職先からあまりいい印象を受けることはありません。

 

例えば、職場環境を変えてまで、自分が転職先で仕事としてやりたかったことを前面に出せるような退職理由を用意し、やる気をアピールできるように工夫をすることも、相手に好印象を与える一つの方法です。

 

また、退職理由で厳しく問いただされた時、そこで曖昧な態度をとってしまうと、さらに印象が悪くなる可能性があるので十分注意すること。

 

転職のたびに退職理由についてどう話すか悩んでいる人は、特に要注意。

 

その時何を考えて退職したのかを話せばいいだけの話ですので、本来なら何も悩むことなどないはずです。

 

嘘をついているわけではないので、本当のことを正直に話せばいいのです。

 

転職サイトで成功するポイント

この記事に関連する記事一覧