看護師 転職サイト 選び方

ラク!カンゴ

慢性的な看護師不足の現状について考える


慢性的な看護師不足の現状について考える

 

人気の病院を除けば全国どこでも求人を探せるのが看護師の仕事

看護師を今まで目指してきた理由で多いのが、昨今の不景気で仕事がない一方、看護師の働き口がたくさんあるからといったケースが多いようです。

 

しかし、毎年5万人近くの看護師が誕生しているにも関わらず、求人が埋まらない理由はなぜなのでしょうか?

 

それは、看護師をさまざまな理由で辞めている人が多く、需要と供給のバランスが取れていないからだと思われます。

 

このような状況を踏まえ、数年前、看護体制の見直しがあり、看護師の配置人数によって診療報酬が変わるために、多くの看護師を募集している時期がありました。

 

それから多くの病院が診療報酬を高く貰えるようにするため、看護師の人数を増やしたいと考えるようになったものの、なかなか人数が満たせずにいる病院もあります。

 

そのため今後も看護師の需要は高まっていくのは間違いありません。

 

看護師さんにとっては、ありがたい状況が続きそうです(^^

 

慢性的な看護師不足を解消するために病院が取り組んでいること

看護師の数を十分に確保するために、新人看護師だけでなく、途中から入ってくる中途採用の看護師にも働きやすいように工夫をしている病院が多くなってきました。

 

そんな中、看護師を辞めた後、もう一度なんらかの形で復帰したいと思うけど、ブランクがあることで仕事についていけなくなるのではないかと再就職をためらってしまう人もいらっしゃるようです。

 

最近はこの潜在看護師と呼ばれる人達が復帰しやすいような取り組みも充実してきました。
ブランク後の復帰も病院側としては大歓迎ですので、看護師としてもう一度やってみたいことを想像して自分を奮起させましょう!

 

そして一番気になるのは待遇だと思いますが、できるだけ夜勤や残業の負担を少なくする取り組みをしている病院が増えています。

 

しかしながら、それを理想に掲げている一方で未だに多忙で休憩もなかなかとれないような職場も存在しています。

 

転職先を選ぶときは、できるだけそのような病院を選ばないように気をつけることも大切です。

 

仕事が多忙すぎても体調を崩す原因となり、せっかくの仕事を続けることができなくなりますからね(^^;

 

看護師の転職について

この記事に関連する記事一覧